テキトー日記

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
適当に頑張る!!

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

自然気胸は突然なのだ

大学1年の時に自然気胸になったことがある。
自然気胸とは肺に穴が開くことだ。

突然胸の中がボンッと何かが弾けるような音がして背中に激痛が走りめまいが襲ってきた。それが肺に穴があいたことに気づかずクラブの練習の疲れの筋肉痛だと軽く思っていた。
背筋を鍛えていたので筋トレの成果があらわれているのだと喜んだりしていた。

1週間ぐらい気胸のままクラブの練習に行っていた。
練習に行ってもすぐばててしまいいつもと違う感じだった。
胸の中でごぼごぼと音がして背中の痛みも取れないしとにかく変な感じであった。
それは自分が弱いからだと思いスタミナをつけるために走りこんでいた。

しかし走るタイムも遅くなっていき背中の痛みもひどくなるばかりで治る気配がない。
そこで病院に行って医者に診てもらった。
肺に穴が開いていることが判明してしまいその日のうちに入院。

自然気胸はすぐ治るのだが再発する確率が多いらしい。 だから医者からはクラブを続けないことをすすめられた。
入院中ずっとクラブを続けるか悩んでいた。

ぼくなりの断固たる決意で入部をしたのでやめるのは本当にいやだった。
入院している間もできる練習はとりあえずやっておこうと思った。
握力を鍛えたり目を動かして動体視力を鍛えたり足の裏でビー玉をつかんで足の裏の筋肉を鍛える練習をしていた。

同じ部屋で入院しているおっちゃんがクラブを続けることを応援してくれて「気胸の再発する確率は高いかもしれんけど再発せーへん人もおるし人それぞれってことやろ?いつ再発するか分からんし再発するまではとりあえずがんばったらえーねん。応援してんで!」と励ましてくれてすごいうれしかった。
あのときのおっちゃんの言葉でクラブを続ける決意が一気に固まった。

退院してからも医者からはクラブは続けないほうがいいが一ヶ月は絶対激しい運動はやめときなさいと言われた。

安静期間中も激しい運動はやめてクラブの練習に毎日顔を出してマネージャのー手伝いをしながら入院したときからやっていた練習は続けた。

そして自然気胸が再発しない方法を徹底的に研究した。
この頃から健康に気を遣い始め健康マニアになった。
いろんな健康法を試した。
ゼラチン健康法、黒酢健康法、玄米食健康法、そして呼吸法を研究したりもしてみた。

そしてやっと安静期間も終わった。
部活の正規練習にやっと合流。
最初は先輩に言われて練習量を少なめにすることにした。
再発という恐怖に怯えながらちょっとずつ練習量を増やしていった。

他の部員と同じ練習量をこなせるようになるとともにその恐怖はだんだんと消えていった。
そして今までずっと再発することはなくクラブをやりきることができた。

自然気胸を乗り越えてクラブをずっとやってこれたのは今のぼくの中では数少ない自信の一つになっていたりする。
[PR]

by 7syou7hai | 2004-10-29 22:38 | 学校・部活
<< 酔って候 トカゲゲゲの鬼太郎 >>